ロゴベルリン@対話工房
Google   www を検索 taiwakobo.de を検索
2017年12月10日更新
• ベルリーナールフト •

国立オペラ

ベルリンの国立オペラハウスが、約7年ぶりに元の場所に戻ってきた。今月7日の創立275周年記念日から、通常の公演が再開されている。


オペラハウスの建物は老朽化が激しかった。そのため、2010年から修復工事が行なわれていたが、予定より4年も長くかかった。その間、公演はお芝居専門のシラー劇場を改造して行なわれていた。


修復工事では、ホールの天井を5メートル高くして、音響をよくした。ぼくが聞いたのはモンテベルディの《ポッペアの戴冠》とバロックオペラだったので、オーケストラの音については何ともいえないが、歌手の声がはっきりよく聞こえるようになったと思う。


なお、工事中の写真は今年4月に工事現場のプレス公開があった時に撮ったものだ。


国立オペラ     国立オペラ     国立オペラ     国立オペラ     国立オペラ     国立オペラ     国立オペラ     国立オペラ
 (2017年12月10日)

• 今月の新着記事 •
エネルギー選択宣言ブログ: 送電網整備のコストは社会コストだ  (2017年12月10日)
くそとシャイセ(ブログ) (2017年12月09日)
エネルギー選択宣言ブログ: FIT電力にも、原発のための引当金を上乗せ (2017年12月03日)
ロウソクの灯り(ブログ) (2017年12月03日)
         このページのトップへ