ロゴベルリン@対話工房
Google   www を検索 taiwakobo.de を検索
2017年4月13日更新
• ベルリーナールフト •

平和教会

写真は、ポツダム・サンスーシ宮殿公園内にある平和教会の写真だ。


教会は、19世紀中頃にプロイセン国王、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世によって建てられた。ただ、初期キリスト教建築(4−7世紀)のバジリカとなっており、中央に大広間の身廊(ネイブ)、その左右に側廊(アイル)がある。


中央にあるキリストのモザイク画は13世紀初期のもので、国王がベニス近郊のムラノで撤去される教会から手に入れたもの。中央祭壇の4本の柱は、ロシア皇帝、ニコライ1世がシベリアから贈ったものだという。


教会はプロテスタント教会で、今も礼拝などに使われている。


今年は、宗教改革500年の年だ。ベルリンとルターが500年前にローマ教会に抗議して95ケ条の論題を打ち付けたヴィッテンベルクで、プロテスタント教会大会が行なわれる。

 (2017年4月13日)

• 今月の新着記事 •
エネルギー選択宣言ブログ、6章について (2017年4月13日)
エネルギー選択宣言ブログ、5章について (2017年4月13日)
エネルギー選択宣言ブログ、4章について (2017年4月13日)
エネルギー選択宣言、全文PDF版(約30MB)をダウンロードする  (2017年4月11日)
エネルギー選択宣言、おわりに  (2017年4月09日)
エネルギー選択宣言、9章  エネルギーを自分で選択する  (2017年4月09日)
エネルギー選択宣言、9章  自治体もエネルギーを選択できる  (2017年4月09日)
エネルギー選択宣言、9章  王道はない  (2017年4月07日)
エネルギー選択宣言、9章  エネルギーについて自分で考える  (2017年4月07日)
エネルギー選択宣言、9章  現在はエネルギー転換への過渡期  (2017年4月07日)
エネルギー選択宣言、9章  多様なエネルギー源をシステム化  (2017年4月07日)
エネルギー選択宣言、9章  エネルギー源は暮らしの中にある  (2017年4月07日)
エネルギー選択宣言、8章  移動の方法を自分で選ぶ  (2017年4月06日)
エネルギー選択宣言、8章  自動車を売る社会から移動が楽な社会へ  (2017年4月06日)
エネルギー選択宣言、8章  自動車メーカーが沈黙しているのは不思議  (2017年4月06日)
エネルギー選択宣言、8章  3)生物資源の動力燃料化  (2017年4月05日)
エネルギー選択宣言、8章  2)水素自動車/燃料電池車  (2017年4月05日)
エネルギー選択宣言、8章  1)電気自動車  (2017年4月05日)
エネルギー選択宣言、8章  将来の自動車はどうなるのか  (2017年4月04日)
エネルギー選択宣言、8章  移動で排出する二酸化炭素を自分で負担する  (2017年4月04日)
エネルギー選択宣言、8章  公共交通を再生可能エネルギー化する  (2017年4月04日)
エネルギー選択宣言、8章  グリーン電力で走るドイツ鉄道  (2017年4月03日)
エネルギー選択宣言、7章  将来、再生可能エネルギーの負担をどう分配するのか  (2017年4月02日)
エネルギー選択宣言、7章  プラスエネルギーハウスを地域へと拡大させる  (2017年4月02日)
エネルギー選択宣言、7章  住み心地はどうか  (2017年4月02日)
エネルギー選択宣言、7章  電気自動車を住宅用の蓄電に使う  (2017年4月01日)
エネルギー選択宣言、7章  プラス効果はあるのか  (2017年4月01日)
エネルギー選択宣言、7章  ソーラーパネルは安全か  (2017年4月01日)
         このページのトップへ