ロゴベルリン@対話工房
Google   www を検索 taiwakobo.de を検索
                               
2017年8月09日更新 − 在外日本人珍語集
• カ行 •
ア行 | カ行 | サ行 | タ行 | ナ行 | ハ行 | マ行
朝の用足し

「ああよかった。今日は朝からカイウン。スッキリしたわ」
「カイウン??? おかあさん、それ、何のこと?」
「さっき、出るものがたくさん出て、スッキリしたってことでしょ。わかってないね。若い人たちは」
「あらいやだ、おかあさん。それは、「快便」というんじゃなーい?」
「何いってんのよ。朝からスッキリと便が出れば、運も開ける。これぞ、カイウンですよ。わかってないわね!」
「???」
風邪
「あなた、ちょっと風邪をひいたみたいで熱があるようなんだけど、その引き出しにあるカンダンケイを取ってくれるかしら」
「寒暖計??? 熱があるのに、なんで寒暖計が必要なんだい?」
「馬鹿ね。熱があるから計るんでしょ!」
「それなら、「体温計」だよ。変なこというなよな!」
ネコのえさ
(飼いネコに向かって)
「クマ、お前はもう十分食べたんだから、もういいだろう。カンベンしろ!」
ネコのクマ (キョトーン・・・)
「あなた。そういう時はね、「堪忍」しろというんじゃないの!」
(シラー・・・)
おふくろの味
「あなた。今日は、何か日本のもの食べたくなーい?」
「それはいいね。おふくろの味でいこうか」
「何がいいかしら?」
「そういえば、キリダシ大根なかったか。ぼくの大好物だから、この前おふくろが日本から送ってきてくれていなかったかな?」
「キリダシ大根? そんなのありませんよ。この前お母様からいただいたのは、「切り干し大根」だったけど・・・」
「おお、そうだ。切り干し大根だ!」

大根
邪魔  (2017年8月09日)
「おい、おい。そんな真剣な眼差しでパソコンに向かって、何してるんだい?」
「あなたね、わたし、今メールを書いているところなの。使い方がまだよくわからないから、たいへんなんでしょ。気をチラカサナイでくれるかしら!」
「気をチラカサナイって何だい、そりゃ?」
「邪魔しないで、ということでしょ!」
「そういう時は、「気を散らさない」というじゃないのか?」
「あら、そうかしら。。。」
女1 「この前、孫と一緒にデパートにいったんだけどね、うちの孫は何でもかんでも、クビから手が出るようにほしがって困るのよね。まったく!」
女2 「(げらげら笑いながら)困ったわね。あなたの日本語も。それは、「のどから手が出る」というの!」

首
かゆい
祖母 「背中のここ、かゆいんだけど! ほら、ちょっと誰か、かいてくれないかね」
「どこ?」
祖母 「違うってば! ここよ。ここ!」
「どこよ? よくわからないわ!」
祖母「ダメね。うちに、クマノテはなかったかね?」
「おばあちゃん。それって、「孫の手」というのじゃない! うちに熊の手なんかあるはずないじゃない」
おまる
「夜中にオシッコに起きて、下の便所にいくのがだんだん面倒になってね。歳取るのは、いやなもんだわね」
「おかあさん。それなら、高齢者用のおまるがあるんじゃないの。ケータブル・トイレよ」
「あらあら。この子は、わたしよりもモウロクしたのかしら! わかるけどね。それは、「ポータブル・トイレ」というのよ!」
指揮者
男A 「しかし、あの指揮者、あんなに歳をとっているのに元気だよね。ほとんど毎日、公演だせ。もう70歳になるんじゃないか?」
男B 「そうだよな。コーレイニンジンでも、煎じて飲んでいるんじゃないかな」
男A 「コーレイニンジン? なんじゃ、それ? 高齢者用のニンジンか? ああ、わかった。そりゃ、「高麗人参」だろうが!」
日向ぼっこ
「今、散歩から帰ってきたけど、久しぶりに暖かくなって気持ちよかったわ。川べりでは、もうたくさんの人がコロモ干ししていたわよ」
「あらいらだ、お母さん。それ、「甲羅干し」というのと違う?」
ア行 | カ行 | サ行 | タ行 | ナ行 | ハ行 | マ行
         このページのトップへ