ロゴベルリン@対話工房
Google   www を検索 taiwakobo.de を検索
2017年3月24日掲載 − 脱原発・自然エネルギー − エネルギー選択宣言 − 4章 電気だけで熱をつくらない
熱を貯める

揚水発電の例からもわかるように、電気はそのままの形で貯蔵することができません。それに対して熱は、お湯としてタンクに貯蔵しておくことができます。ドイツでは、住宅の地下にお湯を貯めておく熱貯蔵タンクを設置するケースが増えてきました。


前述したリヒトブリック社のコジェネレーションシステムも、熱は一旦地下のタンクに貯蔵して使います。屋根に太陽熱温水器があれば、熱くなったお湯を地下のタンクに貯めておくこともできます。お湯の温度が十分でなければ、ガスで加熱します。水から加熱するわけではないので、その分ガス消費量を節約できます。


ドイツの連邦議会(下院)議事堂では、地下深くに温かい熱(温熱)用のタンクと冷たい熱(冷熱)用のタンクが設置されています。バイオディーゼルで稼働するコジェネレーションシステムから出る廃熱は、温水として地下300メートルにある岩盤層(温熱タンク)に貯めます。寒くなると、その温熱を暖房に使います。冬期には、冬の冷たい地下水を地下60メートルのタンクに冷熱として貯めておきます。それを夏の冷房に使います。

連邦議会
ドイツ連邦議会議事堂では、温熱と冷熱を地下に貯蔵している
(イラスト:たなかゆう)


(2017年3月24日掲載)

前の項へ←←      →→次の項へ        →目次へ
         このページのトップへ