2021年2月10日掲載 − ベルリン@対話工房の本 − 健康 − 低線量被曝
ドイツ • 低線量被曝から28年
チェルノブイリはまだおわっていない
ふくもと まさお著
四六版
言叢社刊
2014年3月11日発行
税抜価格:1500円
まったく楽観しているのだろうか。それとも、不安を押し殺そうとしているのだろうか。

チェルノブイリ事故は、東西ドイツ統一を促し、福島原発事故は、ドイツの脱原発を決定づけた。

低線量被曝国のドイツでは、健康被害が認められる。ドイツの報告から、日本のフクシマを考える。

小出裕章氏(元京都大学原子炉実験所)推薦

この本を購入したい
版元の言叢社にお問い合わせください。
ドイツ在住の方は、ベルリン@対話工房にメール(info(a)taiwakobo.de)でお問い合わせください。
発行年から本を選択
• 2021年
• 2001-2015年
カテゴリーから本を選択
• 脱原発
• 歴史
• 健康
この記事をシェア、ブックマークする
このページのトップへ