ロゴ
• ベルリーナールフト
ベルリン壁逃亡トンネル
ベルリン壁逃亡トンネル   ベルリン壁逃亡トンネル   ベルリン壁逃亡トンネル
(写真をクリックすると、大きくなります。ベルリーナールフトのページでは、もっと拡大してご覧いただけます。)

ウルリィヒさんは、ベルリンの壁ができた4カ月後の1961年12月、西ベルリンに逃亡した。


それから1971年まで4回に渡り、東ベルリンから西ベルリンに逃亡するための地下トンネルを掘る作業に参加する。


東西ベルリンでは11回、地下にトンネルを掘って西ベルリンに脱出しようとする試みがあった。そのうち、成功したのは3回。それ以外は事前に密告され、失敗している。


ウルリィヒさんが参加したトンネルでも、成功したのは1回だけだった。


ウルリィヒさんが1971年に掘った地下トンネルが、今見れるようになっている。入口は、Brunnenstr. 143。


今から30年前の11月09日、ベルリンの壁が崩壊する。

 (2019年11月09日)
記事テーマ
•  放射線防護
    食品の放射能汚染
•  再エネ、エネルギー転換
    脱原発
    エネルギー関係インタビュー
    エネルギー法規、リポート
連載
•  地道な市民
•  エネルギー選択宣言
    宣言文
•  再エネいろは
•  さよなら減思力
•  小さな革命
•  在外日本人珍語集
•  ベルリーナールフト
•  ぶらぼー!(音楽記事)
ブログ
•  エネルギー選択宣言ブログ
•  再エネいろはブログ
•  対話工房のブログ タウシュ